ランニングでダイエットを成功するコツ!効果的に痩せるポイントとは

痩せたいけど今までダイエットが続いた試しがないという人も多いのではないでしょうか?

 

ダイエットって継続するのが難しいですよね。継続がダイエットの鍵となりますが、ランニングも試したけど続かなかった人も多いと思います。

 

「思ったよりも効果が無かった」
「モチベーションが続かなかった」

 

ランニングでダイエットを成功するにはコツがあります。間違ったランニングではなく、効果的に痩せるポイントを知ることで引き締まった身体を手に入れることができるのです。

 

ランニングはただ早く走ったり長く走っていては痩せることができません。是非ランニングでダイエットを成功するコツを知って下さいね。

ランニングでダイエットを成功するコツ

ランニングは最高の有酸素運動です。

 

手軽に始められることはもちろん、全身運動なので全身の脂肪が絞れます。

 

ただランニングは思ったよりもキツイので、続かなかったという人も多いのではないでしょうか?

 

ランニングでダイエットを成功するにはコツがいります。効果的なダイエットになるように効率の良いランニングを行いましょう。

有酸素運動と無酸素運動の違い

有酸素運動と無酸素運動はどちらもダイエットに必要です。

 

有酸素運動とは運動中に酸素を取り入れる運動で、ランニングやウォーキングが代表的ですよね。

 

有酸素運動をすることで、体脂肪の燃焼が早まり血中の糖質を消費させるので血糖値が下がりやすくなります。

 

有酸素運動をすることで脂肪が落ちるので脂肪を落としたかったら有酸素運動をしましょう。

 

無酸素運動は短時間で強度の強い運動のことを指し、酸素を取り込まない短距離走や筋トレが無酸素運動にあたり、糖質を主に消費します。

 

有酸素運動も無酸素運動もダイエットには必要ですが、有酸素運動は脂肪燃焼で無酸素運動は筋肉をつけることを目的としているのが違いです。

激しい運動は逆効果?

激しい運動は消費カロリーを増やしますが、体脂肪はあまり燃えません。

 

結構なスピードでランニングする人がいますが、スピードを上げたり長時間走りすぎると無酸素運動になってしまい、体脂肪が燃えていない状態になるので気をつけましょう。

 

有酸素運動をすることで脂肪が燃えるので、ランニングをする際はできる限りゆっくり走りましょう。

 

早さの目安としては隣の人と楽しく会話できるペースが最もオススメです。

 

酸素をしっかり取り組んで脂肪を燃焼するためには距離よりも時間の方が大切になるので早すぎるペースはやめましょう。

距離よりも時間が大事

ランニングでダイエットに成功するコツとして距離をあまり意識しないことです。

 

大切なのは距離よりも時間。

 

ダイエット目的なら20分以上ランニングをしましょう。なぜかと言うと脂肪燃焼が始まるのが運動開始後20分以降だからです。

 

20分有酸素運動を続けることで蓄積されていた脂肪が分解されて、エネルギーとして活発に利用されるので今までより脂肪燃焼を助けます。

 

最初は脂肪よりも糖分を消費しようとするので脂肪は燃焼しないのです。20分以下のランニングなら効率の良い脂肪燃焼効果を望めません。

 

ランニングでダイエットを成功したいなら20~40分をゆっくり走ることを意識して下さいね。

ランニングのフォーム

ランニングをする時にフォームを気にせず走っている人は多いですが、フォームが悪ければ疲労度も大きくいですし、ケガをしにくくなります。

 

普段生活していると猫背の人が多いです。特に女性は筋力が男性に比べて少ないので猫背になりがちですよね。

 

猫背で走ると肩甲骨が使えず、重心が落ちてしまうので良いランニングフォームとは言えません。

 

ランニングしている時に意識して走っていても、癖なのでランニング中に改善するのは難しいです。猫背の治し方は腰にクッションを置いて背伸びする習慣をつけましょう。

 

体を反らすことで背筋が伸びるだけでなく、インナーマッスルである腹横筋が鍛えられてお腹周りも細くなるメリットもあります。

 

 

また腰が落ちてしまって股関節が上手く使えていない人も多いです。腰が落ちてしまうとひざ下で走ることになるので疲労がたまりやすくなってしまいます。

 

腰が落ちてしまいやすい人はお腹を高くイメージして走って下さい。または頭を引っ張られているようにして走ってみましょう。

 

イメージするだけで姿勢が伸びて腰が上がりスムーズな走りになります。是非ランニングのフォームを意識して走って下さいね。

ランニング前のストレッチ

ランニングをする前には必ずストレッチをしましょう。

 

ストレッチをすることでケガの予防に繋がるだけでなく、血流が良くなるので痩せやすくなります。

 

ランニングは下半身だけでなく全身運動なので、ランニングをする前に丁寧なストレッチをして体をほぐして下さいね。

ランニングで効果的に痩せるポイント

ランニングで効果的に痩せるポイントを知って短期間で痩せたいですよね。

 

効果的に走るためにはランニング初心者がやりがちなミスを知ることも大切です。

 

ランニングシューズを意識するだけでも体への負担は大きく変わります。ランニングで効果的に痩せるポイントについて見ていきましょう。

走りすぎない

ダイエットでランニングを取り入れると走りすぎてしまう人がいますが、走りすぎも良くありません。

 

有酸素運動は脂肪だけでなく筋肉も分解するので、走れば走るほど筋肉も落ちて太りやすい身体になってしまうのです。

 

有酸素運動を45分以上続けるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されて食べ過ぎに繋がってしまいます。

 

45分未満のランニングでケガ防止や習慣化に繋げましょう。また毎日走ると疲労感も抜けずにランニング自体が辛いものになってしまいます。ランニングを週に3日程度に抑えることでダイエットで一番大切な習慣化に繋がるでしょう。

痩せたいなら朝が効果的

「朝は時間がないから…」と消極的になりやすいですが、痩せたいなら必ず朝にランニングを行った方がオススメです。

 

ランニングをすることで体内の糖質を燃やした後に脂肪を燃やそうとします。ただ朝はすでに空腹状態で糖質が枯渇している状態です。

 

 

糖質の消費をする手間が省けていきなり脂肪から燃焼するので、夜ランニングするよりも朝にランニングした方が効果があるのです。

 

朝ランニングすることで朝日を浴びて体内時計がリセットされ寝つきも良くなりますし、朝から走ることでリフレッシュもできますよね。

 

朝に体を動かすことはメリットしかありません。是非朝ランニングを取り入れて効果的に痩せて下さいね。

筋トレ後のランニングがオススメ

有酸素運動を効率的に行うなら筋トレ後のランニングをオススメします。

 

なぜなら筋トレで分泌された成長ホルモンとアドレナリンが脂肪燃焼の効果を高めるので、非常に脂肪が燃えやすい状況だからです。

 

筋トレは糖質を多く消費するため、糖質が少ない状態でランニングを行うと始めから脂肪を燃やすことができます。筋トレと言っても大きい筋肉を中心に燃やすことが大事なので、太ももを中心をしたトレーニングを行いましょう。

 

筋トレで効果的に筋肉をつけながら痩せることで、痩せるだけでなく体を絞ることも可能なので是非筋トレにも力を入れて下さいね。

さいごに

ランニングでダイエットを成功したいと考えている人は多いでしょう。

 

最初はダイエットのためだったけれど、続けていくとランニングが楽しくてダイエットではなくランニングを目的にしている人も少なくありません。

 

効果的に痩せるポイントをしっかりと押さえてランニングでのダイエットを成功させてくださいね。

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事