初デート後のLINEは男か女どちらから送る?効果的な内容とタイミング

初デートって緊張しますよね。気が合えば何度もデートを重ねていくことになりますが、初デート後のLINEの内容やタイミングで今後の流れが変わる可能性もあります。

 

気になる相手にどう送るかで相手の反応も大きく変わるので緊張もするでしょう。

 

「帰ってすぐ送った方がいいの?」
「どういう内容を送ればいいの?」

 

普段は緊張しないのに初デート後はなぜか緊張してしまいますよね。

 

そこで今回は初デート後のLINEは男か女かどちらから送るのかについてお伝えします。効果的な内容とタイミングを知って次のデートに繋げましょう。

初デート後のLINEは男か女どちらから送る?

初デート後に送るLINEは男性からでも女性からでも構いません。ただデート後には必ず相手に対してお礼を言いましょう。

 

初デートの熱があるうちにLINEを送ることをオススメします。初デート後にどちらかが送るみたいな決まりはありません。

 

彼氏が車で送ってくれたのであれば、彼氏が自宅についた時くらいに送ってあげると良いですね。また彼女と駅で別れたら少し経って「今日は楽しかったね。家着いたらまた連絡してね」と送ってみましょう。

 

初デート後のLINEは男か女どちらから送るのか見ていきたいと思います。

男性から送る場合

女性から送る場合でも同じですが、最も伝えたいのは感謝の気持ちです。「今日一緒にいれて楽しかった。夜も遅いから家着いたら連絡してね」とLINEで送りましょう。男性から送る方が男らしいですし、少し心配することで気遣いができる男だと思われます。

 

気遣うのは当たり前だと感じる人も多いですが、意外と気遣いができない男性もいるので気をつけましょう。女性が一人で夜遅くに歩くようなことがあれば「夜危ないから歩いてる時だけでも電話しよ」と伝えて下さい。

 

気遣いだけでなく男らしさを感じさせることができますし、電話でさらに距離が縮まります。またデート後すぐに次のデートについて聞くようなことはしないようにしましょう。

 

LINEで「次どこいこっか」と聞くよりも今日あったことや楽しかったことを共有した方が女性は嬉しく感じます。

 

また次の予定は電話でした方がスムーズに決まるのでLINEではなく電話でした方がいいでしょう。

女性から送る場合

女性は今日のデートに対しての感想を送るのが無難です。「今日はデートも楽しかったし、夜ご飯が本当に美味しかった!最後も送ってくれてありがとう。気をつけて帰ってね」と送りましょう。

 

「今日は少し疲れたと思うからゆっくり休んでね」と感謝の気持ちと気遣いを忘れないように気をつけて下さいね。

 

また送る内容で「今日は美味しいお店教えてもらったから今度は私がオススメするお店に行こうよ」と女の子から誘ってくれると男性は嬉しく感じるでしょう。

 

デートのプランを決めるのが苦手な男性は非常に多いので、女性が決めてくれるだけでとても負担が無くなりますし、次のデートに繋がったことで男性も安心します。もしあなたが男性に好意を寄せているのであれば、男性が少し気付くかもしれないくらいのLINEを送ってみてもいいですね。

 

「今日は○○君と一緒にいれて楽しかったよ」「最初は緊張したけど、こんなに楽しかったの初めてかも」とアピールしてみましょう。

 

男性は褒められることに喜びを感じるので「今日行ったお店初めてだったけど、すごくお洒落だった。あんなにいいお店知ってるなんて素敵だね」と褒めてみて下さい。女性は男性に好意があるならどんどん伝えてあげて下さいね。

デート後に送ってしまいがちなNGなLINE

デート後につい送ってしまいがちなLINEを紹介したいと思います。

 

せっかくデートが楽しかったのに台無しにしてしまうようなメールを送ってしまわないようにしたいですね。

 

デート後に送ってしまいがちなNGなLINEについてお伝えします。

距離を詰めすぎる

付き合っていれば距離を詰めるようなLINEを送っても良いですが、まだ付き合っていないのならば距離感は大切にしましょう。

 

舞い上がってしまってぐいぐいアプローチしたら「ただ一回デートしただけなのに」と相手も微妙な距離感を感じてしまうかもしれません。

 

せっかくイイ感じだったのにしつこく次のデートの話をしたりすれば、違和感を感じて次のデートが無くなってしまう可能性もあるでしょう。

謝る

初デートはお互いが緊張してしまうものです。緊張してデートが上手くいかなかったとしても謝らないようにしましょう。

 

相手も謝られると申し訳ない気になってしまうので、謝らないようにした方がいいです。あまり盛り上がらなくても「今日一緒にいれて楽しかったよ」と言うことで相手も救われるでしょう。

 

ネガティブな感想は誰も幸せになりません。謝るのではなく、次にいかせるような前向きな考えでいられるといいですね。

長文

楽しかったら自分の気持ちを伝えたいと思いますよね。

 

長文を打つつもりじゃなかったのに気付いたら長文になっていたなんてこともあるでしょう。デート後はお互いに気を遣っているので疲れています。

 

LINE自体が嬉しくても長文だと萎えてしまうと感じる人も珍しくありません。デート当日はお互い軽めにLINEを送り合って余韻に浸るくらいでいいでしょう。

 

気持ちが高ぶっているのであれば、「また次のデートのことについて今度電話しよう」と伝えるのもいいですね。

 

話は少し逸れますが、次のデートは必ず初デートの時に話しておきましょう。解散後にLINEや電話で決めると面倒に感じてしまいます。カフェで携帯や雑誌を見合って探したりするのも楽しいので是非デート中に次のデートの話をしておきましょう。

効果的な内容とタイミング

次のデートに繋げるためにもデート直後のLINEの内容とタイミングには気をつけたいですね。

 

内容は前述したとおり、今日の楽しかった感想を軽めに送るのがオススメです。それではどのようなタイミングでLINEを送ればいいのか見ていきましょう。

最初は即レスでも大丈夫

即レスしたら嫌われるかなと感じることもあるでしょう。ただ最初こそ即レスで構いません。

 

あなたがデートを楽しんだことも伝わりますし、相手も嫌な気はしないでしょう。

 

さすがに毎回即レスだと「面倒だな」と感じるかもしれませんが、一通目は即レスの方が「楽しんでくれたんだ」と安心に繋がるのでオススメです。

寝る直前

デートは夜に解散が多いと思いますが、解散してからは家でお風呂に入ったり次の日の予定の準備をしたり何かと忙しいですよね。

 

好きな人や気になる人からの連絡も気になりますが、長文や即レスばかりしてしまうとお互い疲れてしまいます。

 

お互いデートの余韻を楽しむためにも寝る直前に送ってみましょう。お互いリラックスムードで、楽しかったことを共有する時間にしたいですね。

 

寝る時間はそれぞれ異なるので、軽くやり取りして「おやすみメール」を送らずに次の日に「ごめん昨日寝てしまった」と送れば次の日もLINEを続けることができます。

さいごに

初デートって難しいですよね。

 

あなたもですが相手も緊張していますし、お互い探っています。初デートを成功するために準備だけでなく、様々なことを意識しないとデートは成功しません。

 

デート後のLINEも適当に送るのではなく、相手に対して丁寧に送れるといいですね。

 

初デート後のLINEから次へのデートに繋がることを願っています。

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事