キャバクラでモテる男の特徴!キャバ嬢を攻略するための立ち振る舞い

「キャバ嬢にモテたい!」
「キャバ嬢を落としたい!」

 

キャバクラは可愛くて若い子がいるので口説きたいと思うのは当然のことです。

 

キャバ嬢もあなたをお客さんとして優しく接しますが、心ではどう思っているか分かりません。毎日多くの男性と接するキャバ嬢に対して差別化することは難しいと思っていませんか?

 

どうしてもキャバクラはお金がかかってしまいます。ただキャバクラに通うだけでなく、キャバ嬢を攻略するための立ち振る舞いを意識できるといいですね。

 

そこで今回は「キャバクラでのモテ方が分からない」と悩んでいる人に対してキャバクラでモテる男の特徴についてお伝えします。

 

キャバ嬢が惚れる男の立ち振る舞いをしっかり学んでいきましょう。

キャバクラでモテる男の特徴

キャバクラでモテる男と聞くと特別なことを想像するかもしれませんが、普段モテる男はキャバクラでもモテます。

 

逆に普段モテない男はキャバクラに行っても全くモテません。

 

キャバ嬢に異性として見られるようなモテる男になるためには女性が惚れる男を目指しましょう。

 

キャバ嬢はキャバ嬢である前に一人の女の子だということを忘れてはいけません。キャバクラでモテる男の特徴について詳しく説明していきたいと思います。

余裕のある男

女性慣れしている男って女性にとって非常に魅力的です。

 

自信のある男ももちろんモテますが、キャバクラでは自信よりも余裕を醸し出せる男が非常にモテます。正直キャバ嬢にとって自信を見せつける男は面倒な客でしかありません。

 

武勇伝は毎晩のように聞いていますし、素敵な男を知っているキャバ嬢にとって自信を見せつける男は残念な客でしかないでしょう。

 

自分を大きく見せようとせずに口説いたりもしない男は魅力的に映ります。いきなり触って来たり口説いたりする男に心を開こうとしません。

 

もちろん最高の笑顔でもてなしてくれますが、お客さんとしてしか見られないでしょう。

 

ドリンクでも「好きなもの頼んでね」とキャバ嬢に言ってあげられる余裕を持って下さい。キャバクラでモテたいならケチケチしないことが大前提です。

 

キャバクラでモテたいならいきなり口説いたりしない大人の余裕とお金をケチらないお金の余裕を兼ね備えましょう。

 

キャバ嬢は男性をおもてなしするプロなので、男としての器を一瞬で見分けます。キャバ嬢にモテようとするのではなく、キャバ嬢と一緒に時間を楽しむ余裕を持てると良いですね。

 

アフターを強要せずに「あなたとなら行ってみたい」と思わせることが大切です。またアフターをしたらタクシー代を渡すなど当たり前のことを当たり前にしましょう。

聞き上手

「仕事に疲れて可愛い子に癒してほしい」と感じてキャバクラに行くので、自分の話をしたいのは分かります。

 

キャバ嬢は聞き上手で男性を乗せるプロなので気持ち良くなってしまいますが、キャバクラでモテる男は聞き上手です。

 

キャバクラはお酒を飲んで話をする場所なので、モテるためにはトーク力がものを言います。キャバ嬢はキャバ嬢である前に一人の女の子だということを忘れてはいけません。

 

女性とお酒を交わして上品に会話を楽しむことを楽しむことでキャバ嬢もあなたを魅力的に感じるでしょう。

 

理屈っぽく、自分のことばかり話したりキャバ嬢の話に共感しない人はモテません。

 

「でもさぁ」とキャバ嬢の話を聞かない男って本当に多く、共感して盛り上がるだけでも差別化になるのでトークの主導権を渡さない聞き上手を目指して下さいね。

清潔感

やっぱりモテたいならイケメンがモテます。顔が良ければどこの世界でもモテますよね。

 

キャバ嬢にモテるためには自分磨きをまず先にするべきでしょう。くたびれたスーツ姿の男よりもスーツをしっかりと着こなした男の方が女性も接客しがいがあります。

 

顔が整っていなくても髭や眉毛を整えて髪の毛をセットするだけでも印象は大きく変わるでしょう。相手の反応を変えたければ自分が変わるべきです。

 

清潔感と爽やかさがあればお客としてではなく男として見られる可能性がグッと上がります。

 

キャバクラは外見から受ける印象が多いです。清潔感と爽やかさを意識するだけでキャバ嬢の対応も大きく変わってきますよ。

キャバ嬢を攻略するための立ち振る舞い

女性を惚れさせるって難しいですよね。ただ多くの人は口説き方も自己流で女心を分かっていません。

 

女性に「この人といて心地がいいな」と自然に感じさせることができる男になりましょう。

 

下心を持ってキャバクラに行く男性が大半ですが、多くの男と差別化できるためのキャバ嬢を攻略する立ち振る舞いをお伝えします。

あえて口説かない

キャバクラで女を必死に口説く男性がいますが、必死過ぎる男は全くモテません。女性は追われたら逃げる生き物です。

 

「セックスがしたい」という下心は言葉に出さなかったとしても必ず仕草や立ち振る舞いに出てしまいます。

 

「可愛いね」「綺麗だね」なんて言ったところでキャバ嬢の心は一切揺れ動きません。

 

キャバクラに限らず女性を口説く時は女性を追わないようにしましょう。

 

 

どこか余裕があってモテる雰囲気を醸し出せる男がモテるのです。彼氏がいるのか確認したりどこら辺に住んでいるのかをしつこく聞く男はモテません。

 

モテたいなら女性の変化に気付いてあげられる男を目指しましょう。

 

「髪の毛切ったでしょ?可愛くなったね」
「え?分かります?」
「前も可愛かったけど俺は今の方が好き」

 

女性は常に可愛くありたい生き物。髪型やアクセサリー、ネイルなど可愛くなるために日々変わっています。

 

もし変化に気付けなくても「なんか雰囲気変わった?」と聞くだけで女性は変わったところを嬉しそうに話してくれるでしょう。

 

外見を褒めるのではなく外見が変化したところを褒めてあげられるといいですね。

格上感を出す

格上感を出すと言っても自分から自慢したり大きく見せる男のことではありません。自分から大きく見せる男ほど残念な男性はいないでしょう。

 

女という生き物は自分より格上の男には憧れや尊敬を分かりやすいほど感じます。ただ自分より下だと感じた男性にはお金を使ってくれる客だとしか見ないでしょう。

 

 

キャバ嬢だけでなく普段も女性にモテたかったら女性にメリットを感じさえる男にならなければいけません。

 

落ち着いた雰囲気からは上品な大人のモテる雰囲気を感じるでしょう。またビジネスや投資の話をすることで食いつく女性も多いです。

 

デキる男は素直に尊敬できますし、お金の話が好きなキャバ嬢も多くいます。自慢するのではなく、キャバ嬢にメリットのある話し方をするのが大切です。

 

世界一周などの人生経験などキャバ嬢が聞いて楽しい話ができると差別化ができるでしょう。

 

「この人と話していると楽しいな」「この人は他の人とは違う」という話ができればモテます。笑わすのではなく楽しませることを一番に意識したいですね。

お会計はスマートに

キャバクラはどうしてもお金がかかってしまいます。お金を気にするのは悪いことではありませんが、お金を気にする素振りなどは見せないようにしましょう。

 

男は見栄を張りたい生き物ですが、お金にスマートさを感じさせない男はモテません。正直お金を気にするならキャバクラには行かない方が良いです。

 

キャバクラにお金を落とせという訳でなく、スマートなお金の使い方がキャバ嬢に良い印象を与えるでしょう。

 

ドリンクが空いたら「次は何飲む?」と自然に聞いてあげるのがマナーですし、「好きなの頼んで」とサラッと言える余裕が必要です。

 

お会計をした後もすぐに帰るのが鉄則。キャバ嬢も仕事なのでダラダラ絡んでも面倒な客でしかありません。

 

会話を引っ張っても笑顔で接してくれますが、心の中では「早く帰ってよ」としか思われないでしょう。

 

「仕事頑張ってね」「今日楽しかったよ。ありがとう」と軽く伝えて帰ることで女性に名残惜しさも感じさせることができます。どんな時もスマートで余裕を持った行動を取りましょう。

さいごに

男を知り尽くしたキャバ嬢を落とすのは簡単なことではありません。

 

ただキャバ嬢も一人の女性です。キャバ嬢が客としてではなく異性として感じる男になるために立ち振る舞いを必ず意識しましょう。

 

キャバクラでモテる男は普段の生活から女性にモテます。是非キャバクラだけでなく普段からモテるためにはどうすればいいのかを考えて行動できるといいですね。

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事