ダイエットに効果的な運動!効率的に痩せるポイントとコツを徹底伝授

「ダイエットするなら効率的に痩せたい」
「ダイエットに効果的な運動が知りたい」

 

痩せると自信がつき周りの反応も大きく変わります。

 

「痩せたいと思っているけどジムに行くのは…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

もちろん痩せるならジムに行って筋トレをした方が効率的に痩せることができます。

 

ただジムに行かなくても簡単に無理なく行えるダイエットを知りたいですよね?

 

そこで今回はジムに行かなくても大丈夫なダイエットに効果的な運動についてお伝えします。効果的に痩せるポイントとコツについても学んでいきましょう。

ダイエットに効果的な運動

ダイエットには何度も挑戦したという方も多いのではないでしょうか?

 

リンゴダイエットやこんにゃくダイエット、糖質制限ダイエットなど数えたらきりがないほどダイエットの種類はありますよね。

 

毎年新しいダイエットが出続けるのも、ダイエットが続かない人が多いのが理由に挙げられるでしょう。

 

運動はダイエットだけでなく、ストレス解消や老化防止にも役立ちます。また運動習慣が身につけば痩せるだけでなく、太りにくい習慣が身につくのもメリットです。

 

運動で痩せるためにもダイエットに効果的な運動を見ていきましょう。

ジョギング

普段運動していない人がいきなりダイエットをすると怪我に繋がったり、やる気に繋がらなかったりするのが原因で習慣化が結構難しいです。

 

そこで運動不足の方にはジョギングを最もオススメします。

 

ダイエットと聞いて最初に浮かぶのがジョギングという人も多いのではないでしょうか。

 

ジョギングは取り組みやすいだけでなく、全身を使う運動なので効率的にカロリーを消費することができます。

 

ダイエットの効率を良くするために、ランニングではなく超スロージョギングを取り組みましょう。早いスピードで走るよりもゆっくりとジョギングをした方が脂肪燃焼効果は高いです。

 

速いペースで走り続けることで乳酸が溜まり長時間走れない原因に繋がってしまいます。

 

超スロージョギングで弱い刺激を与え続けることでウォーキングの1.6倍の効果が出るのです。

 

超スロージョギングをすることで血が巡りやすくなり、血圧が正常化するだけでなく脳の働きもよくなるので是非超スロージョギングを取り入れてくださいね。

スクワットが命

ダイエットをするなら消費カロリーを上げることが一番ですが、消費カロリーを効果的に上げるならスクワットが一番オススメです。

 

筋肉が増えれば消費カロリーは必然的に増えますが、人間の筋肉で最も大きい筋肉は下半身なので効果的にダイエットしたいなら下半身を鍛えましょう。

 

「太ももが太くなるからスクワットは嫌」と感じる女性は多いですが、女性の太ももは脂肪の割合が多いのでスクワットをすればグッと引き締められます。太ももの太さを気にする女性は絶対にスクワットをしましょう。

 

スクワットは10回の消費カロリーは腹筋500回と同じだと言われています。下半身だけでなく全身の消費に繋がるのでスクワットをすれば理想的な体を手に入れることが可能でしょう。

 

スクワットでも種類がたくさんありますし、間違ったフォームでスクワットをしても効果は期待できないので正しいフォームでスクワットができるように意識したいですね。

縄跳びダイエット

今すぐにでもできる縄跳びダイエットはかなりオススメです。全身運動なので効果が一気に出ますし、消費カロリーはジョギングの1.5倍、ウォーキングの2倍の効果があります。

 

心肺機能が向上するだけでなく、ストレス発散や気分転換にもなるのでオススメです。

 

有酸素運動は20分後から脂肪が燃え始めるので、効果的に脂肪を燃やすためにも20分以上縄跳びをしましょう。

 

最初は20分以上飛び続けるのが難しいと思います。慣れるまでは5分×4セットや7分×3セットなど分けてもいいでしょう。

 

効率的に脂肪を燃やしたいのであれば、筋トレを軽くした後に有酸素運動を行うことで脂肪がどんどん燃えやすくなります。

 

縄跳びが無ければ縄跳びが無いエア縄跳びをしてもいいので是非続けて下さいね。

効率的に痩せるポイントとコツ

効率的に痩せるためには運動だけではなく、食事や睡眠など生活習慣を見直すことが必要になってきます。

 

1つのダイエットに偏ってしまうと脳が痩せることに慣れてきてしまい停滞してしまうのです。

 

効果的に痩せるポイントとしては食事や運動など同時進行でダイエットをしていくのがオススメと言えます。

 

早速効果的に痩せるポイントとコツについて見ていきましょう。

睡眠がかなり大切

睡眠ダイエットという言葉を聞いた人も多いのではないでしょうか?

 

ダイエットにおいて睡眠は非常に大切なんです。睡眠中でもカロリーを消費しますし、睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで1日に300キロカロリーの脂肪が消費されます。

 

寝不足な人は起きている時間が長いのでおなかが空く割合が高いですし、食欲を増やすグレリンというホルモンが増えるので必然的に太りやすくなるのです。

 

睡眠の質を良くするために毎日適度に運動をして、バランスの良い食事を寝る3時間前に摂取することも意識しましょう。

 

1日に7時間寝ることで食欲を抑えるレプチンの分泌が増加するので是非睡眠時間にも気をつけて生活して下さいね。

朝食前にジョギング

仕事帰りに走って痩せようとする人が多いですが、効果的に痩せるなら必ず朝食前にジョギングしましょう。

 

 

朝食前は血液中のエネルギーが枯渇した空腹状態です。空腹で運動を行うことで脂肪を燃やさざるをえない状態になり、脂肪燃焼スイッチが入ります。

 

夕食後に走っても糖分を最初に消化しようとするので脂肪を燃焼しようとしないのです。

 

 

朝食前は空腹状態で糖分が空っぽの状態なのでいきなり脂肪が燃えるという訳です。

 

朝食前に走るなら、走る前に水分を取ることで脂肪が燃焼しやすい状態を作れるので是非水分を取った後に走るようにして下さいね。

食事を変えれば一気に痩せる

社会人の方は「夕食が唯一の楽しみだから食欲は抑えたくない」と感じる人も多いでしょう。

 

最も太りやすい原因は糖質です。糖質さえ減らすことができれば何もしなくてもどんどん体重が減っていきます。

 

日本人の主食は米なので「ご飯を抜くなんて考えられない」と感じる人は多いですが、10日間もすれば糖質の無い生活は慣れていくでしょう。

 

特に夕食の糖質をカットすることで一気に痩せやすくなります。夕食は19時までに取って19時以降におなかが空いたらゆで卵やサラダチキンなどで空腹をしのぎましょう。

 

ダイエットと聞くと筋トレや運動をイメージしますが、食事さえ変えることができれば効率的に痩せることができるで食事を意識できればいいですね。

さいごに

効率的に痩せるなら食事制限と共に筋トレや有酸素運動をやりましょう。

 

一気に落とそうとしても必ずリバウンドをしてしまいます。なぜならば人には恒常性(ホメオスタシス)という性質があるからです。

 

一気に痩せようとすると脳が危険だと感じて元の状態に戻そうとします。

 

継続するために一気に痩せようとせずに自分のペースで計画的に痩せることが長い目で見たときに最も効率が良い痩せ方かもしれませんね。

 

自分の理想の身体を手に入れるためにも効率に痩せるポイントとコツをしっかり押さえてダイエットに励みましょう。

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事