筋トレで効果が出るまでの期間!見た目が変化するには半年必要?

筋トレで最初の壁が筋トレの効果が出ずに筋トレを諦めてしまうことです。

 

「いつになったら効果が出るの?」
「見た目の変化が分かるまでの期間は?」

 

せっかく思い立って行動した筋トレも続かなければ意味がありません。習慣化に繋げるためにも筋トレで効果が出るまでの期間を知りましょう。

 

そこで今回は筋トレで効果が出るまでの期間で注意するポイントについてお伝えします。

 

見た目が変化するには半年が必要と言われますが、さらに早く効果を出す方法もまとめたので是非参考にしてくださいね。

 

《期間限定無料プレゼント》

期間限定で4980円で販売していた有料noteを無料でプレゼントします。

500部以上売り上げたモテるためのノウハウが全て詰まったnoteです。

いつ締め切るか分からないので、是非今のうちに登録して下さいね!

筋トレで効果が出るまでの期間

筋トレをしても効果が出ないと挫折してしまいますよね。

 

1か月本気で勉強しても効果が出ないのと同じで筋トレも効果を感じることは難しいでしょう。

 

筋肉を短期集中で鍛えたとしても、効果が出るまでにどれだけ早くても3か月はかかってしまうのです。

 

筋トレでどのようにすれば効果が出るのかポイントや注意することについて学んでいきましょう。

効果が出るのは3か月

筋トレで効果が出るまでの期間は性別や体質、体型によっても違いがあります。

 

男性は女性よりも筋トレの効果が出やすいと言われますが、男性の方が成長ホルモンであるテストステロンの分泌が激しいからです。

 

女性は男性に比べて筋肉量も少ないので筋トレの効果を実感する時間は必要になるでしょう。体が細い人は食が細いので、体を大きくしたいなら食べることも一つのトレーニングです。

 

筋肉をつけるためには正しい食事や正しいトレーニングが必要になります。

 

正しいアプローチをしたとしても実際に効果が出るまでには3か月は必要になるでしょう。

 

「ちょっと変わったかな?」と変化を感じられるのは3~6か月です。

 

明らかに体が変化するのは半年~1年の期間が必要でしょう。

筋トレは初心者ほど効果が出やすい

効果が出るまでに早くても3か月と言いましたが、初心者は今まで鍛えていない筋肉を刺激するので思った以上に早く効果がでる初心者も多いです。

 

勉強やスポーツでも同じですが、初心者ほど伸びしろがあるので諦めずに地道にコツコツ筋トレを続けましょう。

 

見た目の変化を実感することは難しいですが、確実に筋力や筋肉量は増えています。

 

筋トレ初心者は自分が持ち上げられなかった重量を持ち上げられたり、違う個所に負荷をかけたりしてトレーニングをするごとに記録が伸びていき、成長が実感できる時期です。

 

体の変化や筋トレの効果を楽しむというよりはトレーニング自体を楽しむ期間としてトレーニングを続けていきましょう。

 

《期間限定無料プレゼント》
期間限定で4980円で販売していた有料noteを無料でプレゼントします。

500部以上売り上げたモテるためのノウハウが全て詰まったnoteです。

いつ締め切るか分からないので、是非今のうちに登録して下さいね!

▼画像クリックでプレゼントを受け取る▼

筋肉を限界まで追い込む

筋トレをするときに効果が出ない人は筋肉を限界まで追い込んでいない可能性が高いです。筋肉を追い込んで限界を超えた先に筋肉の成長が待っています。

 

筋肉に限界の負荷をかけることによって筋肉はさらに負荷に耐えようと大きくなろうとするのです。

 

筋トレ初心者がいきなり限界まで追い込むとキツさだけが印象に残り、習慣化が身に付かないので注意しましょう。

 

ただ筋トレは自分との勝負です。

 

「あと3回はいけたのに…」って思うことって結構ありますよね。自分を追い込むことが筋トレの効果を高める一番の近道なので追い込むことを常に意識しましょう。

 

筋トレをするときには時間と回数が大事だと言われますが、時間よりも回数よりも質が大事です。早く体を変化するためにも筋肉を限界まで追い込みましょう。

筋肉をつけるには食事が大事

初心者は筋肉をつけたいと思った時にトレーニングすることばかり意識しますが、筋肉をつけたければ筋トレよりも食事に重きを置くべきです。

 

どれだけ筋トレをしても食事の意識がおろそかな場合はいつまで経っても効果が出ないでしょう。

 

食事を制限することによってエネルギー不足になって筋肉がつかず、筋トレをやめてしまう人もいます。

 

トレーニングのメニューばかり勉強するのではなく、どのような食事が筋肉にとっていいのか、オススメの食事をとる時間帯などを勉強しましょう。

 

タンパク質を摂取するのはもちろんですが、栄養のバランスを考えることで効果的に筋肉を増やすことができますよ。

見た目が変化するには半年が必要?

追い込み方や筋トレの方法によって見た目に変化がおきるのは個人差があります。筋肉がつきやすい人もいれば全く筋肉がつかない人もいるでしょう。

 

ただ見た目を変えるために気をつけるポイントをしっかりと把握して筋トレをすれば早めに効果が出ます。

 

見た目を変化させるために半年が必要かどうかは質のいい筋トレや追い込み方次第で変わってくるのです。

 

それでは質のいい筋トレとは何かを詳しく説明したいと思います。

筋トレは10回3セットが基本

筋トレ初心者は筋肉を鍛えるときに回数を決めず、がむしゃらに筋トレをする傾向にあります。

 

ただ本気で筋トレを1セットしても実際に出せる限界の30%しか出せていないのです。

 

全力を出しているつもりでも脳はケガをしないように制御しているので、10回を3セットすることで本来の限界を効率よく引き出すことができます。

 

本気でクタクタになるまでやっても実際は1セット目30%→2セット目60~70%→3セット目100%という感じです。

 

またただ単に3セットするだけでなく、セットの間隔を短くして筋肉が疲れているうちに次のセットを始めましょう。

 

「このままでは危険だ」と脳が指令を送ることで筋肉が大きくなろうとします。

 

10回3セットのメニューを取り入れ、追い込むことで本来の目的である筋肉の肥大化が達成できるでしょう。

同じ負荷で筋トレはしない

自宅で筋トレをする人も多いですが、負荷が変わらなければ筋トレの成果は停滞してしまいます。

 

「回数を増やすからいいでしょ?」と感じる人もいますが、効率的に鍛えたいのであれば負荷を大きくしたほうが確実に筋肉は成長します。

 

初心者の方が最初に筋トレを始めると負荷をかけることに慣れていないので、筋肉がどんどん成長していることを実感できるでしょう。

 

ただ負荷に慣れると筋肉と脳が慣れていくので筋トレをしても刺激を感じません。筋肉を効率的に大きくしたいなら同じ負荷で筋トレをしないことを前提に筋トレしましょう。

筋トレは終わりの時間を決める

筋トレを始めるとだらだらと筋トレをしてしまう人がいます。体を動かしている時間やジムにいる時間が全てではありません。

 

量よりも質だということはみんなが分かっていることですが、筋トレも終わりの時間をしっかりと決めることで集中力や効率が大きく変わります。

 

特に社会人だとあまり時間がありませんよね。時間と成長は比例しないことを知って、筋トレの終わる時間を常に決めることで効率のいい筋トレができますよ。

さいごに

「効率よく筋肉をつけたい」
「痩せたいけど時間がない」

 

多くの人が自分の体と向き合うために筋トレを始めます。ただ正しい筋トレを知らなければ、習慣化もできませんし、筋トレの効果も出ないでしょう。

 

筋トレをするだけで自分に自信がついて周りの反応も大きく変わります。筋トレで人生が変わったという人がいますが、言い過ぎではありません。

 

自分に自信を持って自分の人生を少しでもいい方向に変えるためにも正しい筋トレを学んでいきましょう。

 

また筋トレをすれば自信がつくので女性に一気にモテます。

 

ただ実際に筋トレだけだとあまり効率的にモテません。そこで非モテ生存戦略という500部以上売り上げた4980円のnoteを今だけ期間限定で無料プレゼントしています。

 

《期間限定無料プレゼント》
期間限定で4980円で販売していた有料noteを無料でプレゼントします。

500部以上売り上げたモテるためのノウハウが全て詰まったnoteです。

いつ締め切るか分からないので、是非今のうちに登録して下さいね!

▼画像クリックでプレゼントを受け取る▼

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事