器の大きい人の特徴と共通点!器を大きくするための方法とは

あなたの周りに器の大きい人がいると思います。

 

一度は周りから信頼がある器の大きい人になりたいと感じたこともあるのではないでしょうか?

 

器の大きさは年齢と共に手に入るわけではありません。日々の行動や習慣で自分の器は決まっていくのです。

 

そこで今回は器の大きい人の特徴と共通点についてお伝えします。器を大きくするための方法について学んでいきましょう。

器の大きい人の特徴と共通点

器の大きな人ってどんな人を思い浮かべますか?

 

◇厳しさの中の優しさ
◇他人のミスを許せる
◇自分の芯を持っている
◇誰に対しても同じ態度
◇自分の非を素直に認める

 

周りから好かれる器の大きな人には好かれるだけの理由がありますよね。

 

早速、器の大きさな人の特徴と共通点を見ていきましょう。

誰に対しても同じ態度

自分よりも立場が上の人に対しては媚びへつらって、立場が下の人には態度が大きい人っていますよね。

 

大人になれば人を見る目は養われるので、誰にでも態度を変えずに堂々と自分の芯を持って行動できる人は尊敬されるでしょう。

 

特に後輩に対して優しさの中に厳しさがある先輩は慕われます。

 

 

器を大きく感じさせるのは仕事ができるか、仕事を愛を持って教えられるかが大事です。

 

自分の好き嫌いで態度を大きく変える人って案外社会に出れば多いことに気付きます。

 

会社でも仕事ができない人に対する態度や男女での対応の違いなど、周りは見ていないようで見ていることが多いです。

 

後輩の姿をよく観察して困っているときに助けたり、頑張って成果を出した時に一言掛けられる人は周りから慕われやすいでしょう。

 

誰に対してもフラットに見れる人間性は周りからの信頼を大きく集める行動に繋がりやすいです。

自分の非を素直に認める

自分の非を素直に認められなかったり謝れなかったりする人は多いです。

 

大人になってもプライドが邪魔をして謝らない人は少し見っとも無く感じるでしょう。

 

「上司の教え方が悪い」
「職場の環境がそもそも悪い」
「給料が低いからやる気が出ない」

 

大人も自分の責任なのに誰かのせいにして生きている人ばかりです。

 

ただ器の大きい人は適当にその場しのぎでとりあえず謝るというスタンスではありません。

 

しっかり自分のミスを反省し、改善に繋げます。

 

上手くいかないほど何かのせいにする他責マインドで、上手くいく人ほど自分の責任だと感じる自責マインドです。

 

自己責任として「なぜそうなってしまったのか」を考えて改善策を自分で見つけられる人になりましょう。

 

部下が上手くいかなかった時に「なんでできないんだ」と感じるより「できないのは自分のせいでどうすればできるようになるのか」と考えた方が成長しますよね。

常にポジティブ

器が大きい人は常に前向きです。

 

感情が安定しない人は仕事も人付き合いもムラがあります。

 

ポジティブであれば相手も心を開きやすいですし誰でも本音で対等に話すことができますよね。

 

仕事ができて物腰も柔らかで等身大の自分で着飾らない姿は誰が見ても魅力的です。

 

優しいだけの人は徐々に舐められやすい傾向にありますが、器が大きい人は自分の意思もはっきりと伝えるので舐められることはありません。

 

常に前向きに物事を考えることであなたの周りの雰囲気は明るいものになるでしょう。

 

器が大きい人にネガティブな人って見たことが無いですよね。

 

ポジティブだからこそ周りから信頼されて人が集まるのかもしれませんね。

常に先を見据えている人

何でも先を見据えている人は尊敬されます。

 

自分の行動や発言に責任を持っている人は誰かが失敗をしても感情的にならずに解決策を伝えることができるのです。

 

「ミスは誰にでもある」というのが信念にあります。

 

日本はミスをすることがいけないことだと教えられますが、海外ではミスをどんどんして学んで行けというスタンスの違いがあるのを知っていますか?

 

ミスを恐れて行動できないと全てが後手後手になってしまいます。

 

自分から考えることの大切さや次に向かっての姿勢を叱らず、常に解決策を教えてくれる人は尊敬される器の大きい人だと言えるでしょう。

器を大きくするための方法

周りから好かれる器の大きい人になりたいと感じたこともあると思います。

 

器を大きくするためには心のゆとりも大切になるでしょう。

 

小さい頃からの性格も関係しますが、性格は変えることができます。器を大きくするための方法について見ていきましょう。

常に冷静に判断する

器の大きさと状況判断能力は関係しています。

 

物事を冷静に判断して相手に指示をしたりアドバイスをすることができるのです。

 

頭ごなしに相手を叱っても相手も落ち込むだけでしょう。

 

大切なのは今後どうすべきなのかを考え改善していくことです。

 

「次は何に気をつける?」
「どうするべきだと思う?」

 

相手に考えさせた後に的確なアドバイスを伝えることで、お互いが前向きに一歩踏み出すことができます。

 

起きてしまった問題をそのままにせずに冷静に対処することができれば周りからの信頼も増していくでしょう。

 

日々起きることに対して適当に考えずに常に冷静に判断できるようにしたいですね。

褒めるのが上手い

器の大きい人は自分を大きく見せるよりも相手をその気にさせるのが上手です。

 

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。

 

褒めることでやる気に繋がったり信頼関係に繋がることを知っているのです。

 

周りを悪口や否定などで落とすことなく、褒めて周りのモチベーションを上げることを得意とします。

 

男性はプライドも高いので自分を大きく見せたりすることが、かえって自分の評価を下げていることに繋がっている時って多いですよね。

 

自分よりも周りに関心を向けることができれば、全体を見れる人に繋がります。

 

誰に対しても長所を見つけて褒められる大きな人になりましょう。

寛容になる

寛容になると言うと優しくなることだと勘違いする人がいますが、寛容になるということは相手のミスに対して許すだけの人ではありません。

 

やってしまったミスの大きさに関しては許されないこともあります。

 

そんな時にどうやってミスをした人にアプローチするかが大事です。

 

愛を持って相手に伝わるアプローチが必要になりますし、しっかりと自分の中で基準がしっかりしていて相手にも分かるように接します。

 

優しいだけだと舐められてしまいますが、やるべきことを事前に伝えたりしっかりとダメなことはダメと伝えることが大事です。

 

自分が何か嫌でどこまで許せるかを最初に共通認識しておくことでお互いのコミュニケーションは円滑に進むでしょう。

人を見ない

能力の差や性格の合う合わないは必ずあります。

 

ただ優劣をつけて相手を判断すると相手に伝わってしまうでしょう。

 

「この人は合わない」
「この人はできない」

 

仕事やプライベートで人を見切る癖がついていませんか?

 

人を判断したり見切る人は相手がミスをした瞬間に嫌そうな顔をしたりします。

 

「いつも同じミスをする」
「何度言っても分からない」

 

言い分はもちろんありますが、心に余裕を持って接することでお互いがやりやすい雰囲気を作ることができます。

 

器が大きい人は、どんなことがあっても相手の立場に立ち冷静に行動できるので、周りから信頼されるのです。

 

どんなことがあっても相手をしっかり受け止めてあげることが器の大きい人になる第一歩だと言えるでしょう。

さいごに

器の大きい人になりたければ、まずは余裕を持たなければいけません。時間やお金の余裕があれば心に余裕が生まれます。

 

また大人になって器の大きい人になるなら常に冷静な判断ができるように日頃から様々な事態を考えて行動することが大事です。

 

周りから尊敬される器の大きい人になるために日頃の立ち振る舞いや言動を見直して器の大きい人になりましょう。

 

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事