ナンパでのアポのコツ!女性を口説くまでの一連の流れを徹底解説

ナンパのアポまでの流れって難しいですよね。LINEを聞けても音信不通になったりアポを取っても緊張して打診ができなかったり。

 

声かけからLINEゲットまで出来たら次のステップに行きましょう。

 

ナンパでは女性と体の関係を結ばないと声をかけている意味がありません。

 

そこで今回はナンパでのアポのコツと女性を口説くまでの一連の流れを徹底解説したいと思います。

 

この記事を読んでやり方をマスターすれば、あなたもナンパで知り合った女性と必ずイチャイチャできますよ。

会員数国内No.1王道出会い系アプリ!

声かけは自然に

ナンパのテクニックは経験が大きく結果を左右します。

 

相手の反応を見る洞察力や女性のどんな対応にも切り返す対応力で和む力が必要です。

 

初心者の男性は、切り返しや対応力の前に女性に安心感を与えられていないことが多いので、是非以下のツイートを確認してみて下さい。

 

 

声かけしてLINEを聞けても和みが薄かったり食いつきが無ければ音信不通になってしまいます。

 

LINEでいつも終わってしまう男性は、番ゲの時の和み不足が原因なので、是非他の記事も参考にして女性の食いつきをあげて下さい。

 

女性がアポを取ろうと思う男性は

 

アポに繋がる男性の特徴
☑︎一緒にいて楽しかった
☑︎外見に食いついている
☑︎タイミングが良かった(別れた直後等)

 

以上のような特徴があります。

 

LINEを交換してすぐに解散してしまうと「この人他の人にもナンパしてるんだろうな」と不信感を感じさせることに繋がるので、必ずLINE交換後も和んで下さい。

 

LINE交換してからスタンプを交換したり、次のアポを決めたりすると死番率がグッと下がるのでオススメです。

 

女性にスタンプを送るという行動をさせたり、未来をイメージさせたりすることで、女性に安心できると感じさせられるので、死番率がかなり減ります。

 

ナンパの時にどれだけ和んでも解散した後に冷静になるのが女性です。

 

ナンパ初心者は連絡先を交換したという事実だけで盛り上がってしまいますが、そこからレベルを上げていかないとずっと初心者から抜け出せません。

 

またナンパは会話中のテンポとタイミングが非常に大事なので、是非たくさん声かけして出会いを増やしましょう。

アポ取りは電話が鉄則

LINEでアポを取り付けるのはやめましょう。女性が食いついていない状況でのLINEでのやり取りは死番する1番の原因です。

 

LINEはコミュニケーションのツールではなく、連絡するためのツールだと考えて下さい。

 

よくLINEで口説くみたいなことが書かれていますが、食いつきが落ちることの方が多いので、必ず電話を使って食いつきを高めましょう。

 

電話でアポを決めれば、テンポが良くなり考える隙を与えないので、アポが決まりやすいというメリットがあります。

 

電話である程度お互いが楽しめたら女性も安心してデートに向かえるのでドタキャンが減ります。ドタキャンが多い人はデートでのイメージを女性に膨らませられていないかもしれません。

 

 

また電話では楽しく話すことはもちろんですが、話しすぎて話題が無くならないようにして下さいね。

 

電話が長すぎて食いつきが落ちる可能性もあるので、目安は15分くらいがオススメです。女性にもっと話したかったなと思わせましょう。

アポは早めに

ナンパした女性は時間が経てば経つほど気持ちが冷めていきます。早めにアポを取らないと音信不通になってしまうでしょう。

 

あなたは乗り気でも、女性は出会って数分しか会ってない男性に心を許していないので、電話でのアポも早めに打診して下さい。

 

「今週の水曜日空いてる?」
「ちょっと…」
「じゃあ金曜は?」
「ごめん。その日も…」
「じゃあ土曜日は?」

 

こんなふうに何度も聞くと女性も面倒に感じるのでアポを取るときは2択に絞ることをオススメします。

 

「水曜日と土曜日空いてない?」

 

こちらの方がスムーズでオススメですよ。またアポを決めるときは先程のツイートであったようにイメージをしやすくしないとドタキャンされるでしょう。

 

できるだけアポは1週間以内に取って下さい。

 

ナンパしてきた相手と会うワクワク感よりも不安が勝ってしまえばドタキャンされてしまいます。

 

☑︎アポの時間
☑︎アポの場所
☑︎アポの日付

 

あなたが電話でもリードしてデート場所を決めれるといいですね。いきなり話題に入るのではなく、好きなご飯や趣味の話をしていく中で自然に誘えるとスムーズで成功しやすいでしょう。

会員数国内No.1王道出会い系アプリ!

導線を大切に

ナンパでアポを取ってホテルに行くなら確実に自分のテリトリーで勝負をしましょう。自分の中で確実にホテルに連れ出せるルーティンがあれば堂々と女性をリードできます。

 

少しのミスや油断が女性を冷静にさせ、アポが失敗に終わります。居酒屋からホテルは近いか、遠いならタクシーを使うなど細かいですが意識しましょう。

 

 

ホテルまでの移動で急に女性の反応が変わったりします。

 

女性は男性の様子にかなり敏感です。あなたが迷っていたりすれば男としての魅力が半減して、通る打診も通らなくなってしまいます。

 

デートアポでの余裕は事前準備で9割が決まると言っても過言ではありません。女性をスムーズにホテルに連れ出せるように堂々と打診をして下さいね。

時間は大体1時間半

人によって食いつきを上げるのに時間をかけたい人もいるので一概に言えませんが、僕の場合は1時間〜1時間半くらいで食いつきを上げます。

 

飲んでいる時間を長くしたからといって、食いつきが上がるわけではありません。

 

また女性によっても自分に対する食いつきの違いがあるので、女性の反応が良ければ30分でも打診をすればいいでしょう。

 

ナンパはどうしても声かけにスキルが傾きがちで、アポでのトークが苦手な人が多いです。最初は難しいかもしれませんが、ゴールから逆算して会話の流れを考えられると上手くいきます。

 

 

会話の流れを見て次に進めるのではなく、口説くまでの時間や解散までの時間から逆算していくと自分で主導権を握ることができるでしょう。

 

食いつきが上がらなければ2軒目のバーに行てもいいですし、どうしても無理そうなら損切りして解散でもいいですね。ただ無理そうでも打診は必ずして下さい。チャンスは生まれます。

トークは大事

休みの過ごし方や趣味など当たり障りのないトークでお互いの空気を温めたら恋愛トークをしましょう。

 

恋愛話はお互いの価値観を照らし合わせることで女性も素になる部分が多くなります。女性の考えをつっこんで和んだり共感したりすることで心の距離がグッと近づくのでオススメです。

 

束縛をするかどうかや今までの恋愛で一番辛かったこと、浮気をされたことなど恋愛話に終わりはありません。

 

恋愛話から下ネタトークには移行しやすいので是非頃合いをみて下ネタに移って下さいね。

ホテルへの誘い方

ホテルの誘い方は至ってシンプルです。飲みで食いつきが確認できたらお店を出て手を握ってそのままホテルでも大丈夫です。

 

ただ理由付けをすれば女性もホテルに行く口実ができるので上手に理由付けしましょう。

 

コンビニでデザートを買うのも1つのサインですね。

 

 

「2人になれるところ行こっか」「ゆっくりしよっか」の一言もオススメです。

 

「ホテル行かない?」と女性に聞くのは最悪なのでやめましょう。女性は本音と建前の生き物なので本当は行きたくても「うん」とは言いません。

 

それどころか「この人は女心を分かっていない」と冷めることも考えられます。男性ならホテルの打診こそ上手にするべきですよ。

 

 

ホテル打診が苦手ならまずはマッチングアプリに登録して何度も練習しましょう。マッチングアプリならアポがナンパより確実に取りやすいのでオススメです。

 

会員数国内No.1王道出会い系アプリ!

さいごに

ナンパで女性と体の関係を結ぶためには、かなり多くの超えなければならない壁があります。

 

ただナンパはゴールが分かれば後は繰り返すだけですし、女慣れさえしてしまえば後は型にはめるだけです。

 

地蔵をしたり死番を何度もしていく中でナンパスキルがどんどん上がっていくので諦めることなくナンパライフを是非楽しんで下さいね。

 

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事