成功率がグッと上がる告白のセリフ!女性をキュンとする言葉とは?

「どうやって告白しよう」
「何と言ったらいいんだろう」

 

告白について悩んでいませんか?

 

告白すると決意しても何と言えばいいのか悩みますよね。

 

女性にとって告白の言葉はとても大事です。

 

告白するなら成功率がグッと上がる告白のセリフを考えたいですよね。

 

男性は告白を疎かに考えがちですが女性はそんな簡単ではありません。

 

女性をキュンとさせる言葉を考えて素敵な告白にしましょう。

成功率がグッと上がる告白のセリフ!

告白のセリフや雰囲気によって女性の受け取り方や成功率も全く違います。

 

成功率をグッと上げるには自分のキャラを意識してどの告白が最も食いつきがいいか考えることが必要です。

 

ただ男性と女性の恋愛観の違いもあります。告白のセリフを考える前に是非一度知っておくのも良いですね。

必ず気持ちを伝える

女性は男性に態度ではなく言葉でしっかりと伝えて欲しいと思っています。

 

男性特有の「言わなくても分かるでしょ?」という中途半端な態度が1番よくありません。

 

女性は好きだという気持ちを伝えてもらうだけで大切にされていると感じます。

 

必ず告白は言葉で伝えて下さい。

 

言葉が詰まったり上手く言えなくてもあなたが女性を思う気持ちが必ず伝わります。

 

是非あなたの気持ちを女性に伝えましょう。

堂々と自信を持って伝える

「振られたらどうしよう…」と誰もが考えてしまいますよね。

 

振られたら同じような関係には戻れないんじゃないかと考えてしまっては何もできません。

 

悩んだり躊躇すればその気持ちが女性に伝わり冷めてしまうかもしれません。

 

女性はリードしてほしい生き物です。

 

ナヨナヨして頼りない男性を女性は魅力的に思いません。

 

告白するときは意を決して堂々と自信を持って伝えましょう。

 

「好きです。付き合ってください」

 

告白はシンプルでいいんです。

 

言葉を着飾るよりもストレートに言葉を伝えることで気持ちが伝わりやすいこともあります。

 

目を見て言えるか言葉に熱があるかが大事です。

 

あなたの素直でストレートな気持ちが女性の気持ちを揺れ動かします。

 

自信を持って堂々と告白しましょう。

ナンバーワンではなくオンリーワン

女性と男性の恋愛観についての違いのツイートを見てみましょう。

 

 

男性は「〇〇君は私の中で1番」という褒められ方が好きです。

 

逆に女性に「〇〇は俺の中で1番だよ」と言っても「じゃあ2番は誰なの?」という捉え方をします。

 

男性はナンバーワンになりたがるのに対して女性はオンリーワンになりたがります。

 

「毎日いろんな人と話すけど話が終わった後にまた話したいと思えるのは〇〇だけなんだ」と特別感を与えましょう。

 

「〇〇がいるだけで毎日が幸せ」など女性に特別感を与えることで女性は大切にされていると感じるのです。

 

「やっぱり俺は〇〇じゃないとダメだわ」もいいですね。

 

女性は言葉のチョイスで受け取り方が全然違います。

 

「女はめんどくさい」と思わずに女性をどうすれば転がせるのか考えましょう。

 

 

女性はオンリーワンのように褒めてあげれば必ず喜んでくれますよ。

自分の欠点を伝えた後に好きな気持ちを伝える

「嫉妬もするし不器用やけど絶対に大切にするから付き合ってほしい」

 

自分のありのままを伝えることで熱が伝わってきますよね。

 

綺麗事ではなく自分の欠点を伝えた後に好きな気持ちを伝えることでギャップが生まれます。

 

短い言葉でも気持ちが伝わることが大切です。

 

「大切にしてくれそう」
「この人なら大丈夫かも」

 

女性に頼れる男だと感じさせれば成功率はグッと上がります。

 

「もっとカッコいい奴おるかも知れんけど誰よりも幸せにするから付き合ってほしい」

 

「〇〇だけど△△にする」と伝えることや「誰よりも大切にする」という言葉が女性はキュンと来ますよね。

 

あえて自分の欠点を伝えるのはギャップを引き立たせるためにもオススメですよ。

女性を胸キュンする言葉

サプライズという言葉は男性よりも女性に響きますよね。

 

女性は予想外の告白や行動に気持ちを揺れ動かされます。そして予想していなければしてないほど喜びを感じます。

 

モテる男はギャップをうまく使って女性をキュンとさせるのが上手です。

 

女性を胸キュンさせる言葉を見ていきましょう。

やっぱり俺は〇〇が必要

やっぱりという言葉をつけるだけで意味深になりますよね。

 

再確認したけど必要だったという意味が込められてただ単純に女性に恋をしたわけではないことが分かります。

 

真剣に告白するタイミングではなく何気なく2人でいるときにさらっと言うような言葉ですよね。

 

女性は「えっ?いきなり?」と感じるでしょうし急にドキドキするに違いありません。

 

また「好き」という言葉ではなく「必要」という言葉にすることで自分の存在価値を意識しますよね。

 

人は誰かに必要とされたい生き物。

 

特に女性はその気持ちが強い傾向にあるので特別感や必要としているということを伝えてあげると嬉しく感じるでしょう。

女性を意識した理由を伝える

「〇〇とあんまり話したことなくて今までは意識してなかった。ただこの前話した後にもっと話したいな、一緒にいたいなって思った。もっと伝えたいことはあるけど〇〇が気になってる。好きだから付き合ってほしい」

 

なんで好きになったのかを伝えてあげると女性は納得しやすいです。

 

なんとなく好きじゃなく女性は理由が欲しいんです。

 

きっかけは何だったのか、付き合うことを意識した理由を伝えることでキュンと感じさせることができます。

 

褒めるときもそうですが具体的に伝えることで信頼性がグッと高くなります。

 

また好きになったポイントを具体的に伝えられると成功率が上がります。

 

「笑い合えるポイントが同じで楽しいし、ずっと一緒にいたい」

 

「辛いことがあってもいつも前向きで仕事とか将来の考え方も尊敬できる」

 

外見ではなく内面を褒めると自分のことを見てくれているなと喜んでくれるのでさらにオススメですよ。

女性にとってNGな告白

告白を意識しすぎて女性にとってNGな告白をしてしまう男性もいます。

 

女性にとって残念な告白にならないようにしたいですよね。

とにかく回りくどい

最も大切なのは女性にあなたの気持ちが伝わることです。

 

「結局何が伝えたいの?」と思われてはせっかくの告白も台無しですよね。

 

女性に想いを伝えるのは大事ですが何を伝えたいのか分からない回りくどい告白はやめましょう。

立場が分かってない

「俺が絶対に幸せにしてあげる」
「一緒に成長したいと思ってる」

 

女性があなたに食いつきがある場合キュンとする言葉かもしれません。

 

ただあなたをただの友達だと思っている女性なら普通は「何様?」と思いますよね。

 

自分の気持ちを伝えるならまだしも上から目線な痛い告白をしてしまう男性も少なくありません。

 

カッコいい告白ではなく、ただの痛い告白になってしまうので気をつけてくださいね。

軽い告白

女性は雑に扱われることを嫌います。

 

振られたら嫌だからと保険をかけて軽く伝える感じは男らしくないですよね。

 

男なら堂々と気持ちを伝えましょう。

 

「もし俺が好きって言ったらどうする?」

 

失敗に保険をかけるような告白ならしない方がマシです。

 

女性を大切に思っていることが伝わる熱量やメッセージを届けましょう。

さいごに

女性に1番伝えなければいけないのはあなたの気持ち。

 

もちろん言葉のチョイスで女性をキュンとさせることは可能です。

 

ただあなたが思っている熱量があなたの声のトーンや表情に出ます。

 

好きだという気持ち、これからも一緒にいたいという気持ちを目の前の女性に伝えて下さい。

 

そうすればどれだけ緊張しても必ず伝わるはずですよ。

 

応援しています。

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事