モテる男のLINEテクニック!メール術を学んで女性を惚れさせろ!
GDJ / Pixabay

「LINEが返って来ない」
「LINEの返信が遅い…」

 

何をしているんだろう?何で返せないんだろう?そうやってモヤモヤしたことってありますよね。

 

今回はLINEでモテる男のライン術を紹介します。テクニックをしっかり学んでモテる男に近づきましょう。

モテる男のLINEテクニック!

最近はマッチングアプリも流行ってきてメッセージで女性とやり取りすることも多くなってきました。

 

「なんて送ろう?」と迷う男性も多いのではないでしょうか?そんなあなたに今すぐLINEテクニックをお伝えします。

ラフなやり取りを心がける

LINEは会話の延長です。女性との会話でも男性がガツガツ話をしていたら女性は疲れてしまいますよね。

 

LINEも同じです。長文を送られたり質問ばかりのLINEでは疲れてしまいます。特にLINEで質問が続くと女性も嫌気がさしてしまいます。

 

気軽にLINEができる人は気を使わなくていいですし、女性も居心地を感じます。

 

アポ後かアポ前かでLINEメンテは変わってきますが、アポ前だったらなおさらがっつかないように心がけましょう。

焦らす

文量を多くせずに自分語りも無くすことはLINE術の鉄則ですが、マイナスを減らすだけでなく女性が食いつくようにしたいですよね。

 

盛り上がったところで既読スルーをしてみて下さい。急に食いつきを上げることができます。食いつきが上がっても舞い上がらずに冷静に対応してください。

 

女性の感情を揺さぶり続けることで女性が追ってくる状況を作れます。

 

女性をコントロールすることができればアポでも主導権を握りやすいですよ。

 

よくやりがちなミスは自分が追ってしまって女性があなたに魅力を感じ無くなるパターンです。「暇だな」「がっついてくるな」と思われたら魅力を感じてくれません。

 

モテたいなら女性を追わずに女性に追わせるようにしたいですね。

盛り上がった時に誘う

いきなりご飯の連絡をしても女性は乗り気になりません。ご飯に行きたいのであればご飯の話から始めましょう。女性にまずはこう送ってみましょう。

 

「焼肉食べてきた!」
「いいな~焼肉美味しいよね」
「焼肉好きなん?」
「焼肉大好き~」
「めっちゃ美味しい焼肉屋あるから行くか」
「うん行く!」

 

このような流れがいいですが、基本的にはご飯アポなら「やり取りが盛り上がったら誘う」くらいのスタンスがおすすめです。

 

モテる男はLINEに一喜一憂しません。盛り上がったら誘ってみるかくらいの余裕があります。この余裕が本当に大事で女性がどんどん食いついてくるので心がけてくださいね。

マイナスを減らす

女性にモテたいなら加点を狙うのではなく、いかに減点を減らせるかが勝負です。これはLINEだけでなく普段女性と接する時でも同じです。

 

恋愛では男性は加点評価ですが、女性は減点評価ですからね。そこをしっかり理解できればやるべきこととやらないことが分かってくるはずです。

 

◇文章は長すぎない
◇質問をし過ぎない
◇返信は早すぎない
◇絵文字を使いすぎない

 

これを意識するだけで全然結果が違います。女性が「この人はちょっと無いな」と感じるのは上記のどれかに当てはまるパターンが非常に多いです。

 

質問を繰り返せば女性は事実を答えるだけなので、全く心が揺れ動きません。心から「楽しいな」とは思わないんですよね。

 

だから共感したりするだけで女性も気兼ねなく返信してくれますよ。共感は会話の時でも必要ですのでこちらの記事も是非ご覧くださいね。

女性が惚れるメール術

女性がメールで惚れたらそれほど嬉しいものはありません。ただ最初に言ってしまうとLINEで女性の心を動かすのは難しいです。

 

LINEは会話の延長なので食いつきがあれば、LINEでどんどん食いつきは上がるかもしれません。しかし、最初から食いつきがなければこの人良いな!と感じるのは少し難しいです。

 

それも知ったうえで女性が食いつくメール術をご覧ください。

他愛もないLINEを送る

食いつきのない女性にLINEを頻繁に送るのは逆効果です。ただどうしても食いつきを上げたいときってあるじゃないですか?

 

そんなときは他愛もないメールを送ってみましょう。

 

「さっき地震あったよな!」
「最近寒いけど風邪とか大丈夫?」

 

たまに送るだけで女性は気兼ねなく返信してくれます。

気遣いも見せる

気遣いを見せると優しさを感じてくれます。

 

「最近忙しそうやけど大丈夫?」や「今日はありがとう。明日から仕事頑張ろな」など女性を気遣うメールで男らしさや優しさを伝えることができます。

 

当たり前のように感じますが、できてない男性がかなり多いです。デートの予約もそうですが、当たり前のことを当たり前にするだけでモテる男に近づきますよ。

質問をそのまま返す

女性から質問されたことはそのまま質問し返しましょう。

 

「○○さんの趣味って何ですか?」
「美味しいご飯屋巡りかな。○○ちゃんは?」

 

女性の質問って女性が聞いてほしい質問の場合が多いんです。だから聞かれた場合は自分のことは簡潔に伝えて女性に同じ質問をしてみましょう。

 

女性がしてきた質問は女性の関心が高い質問なので、そこから話を広げることがおすすめですよ。

趣味の範囲を広げる

女性は好きなアイドルを男性が知っていたり、趣味が合ったときに分かりやすく食いつきます。

 

「あいみょんが好きでずっと聞いてる」って女性が言ったときに「あ~最近よく聞くよな。あいみょんていいの?」と聞くのもいいです。

 

しかし、それよりも「俺もめっちゃ好き!○○って曲めっちゃよくない?」と乗っかった方が女性は喜んでくれます。

 

他にもご飯であったり旅行であったりアイドルであったり女性が好きなジャンルで話が合えば女性はどんどん自分から話題を振ってくれます。

 

女性慣れはモテるためにとても大事ですし、女性が好きな趣味に疎かったら無意識に「この人はモテないだろうな」と感じられてしまいます。

 

モテたいのであれば女性の趣味は幅広く知っておきましょう。

下手に出ない

モテない男性は好きな女性に対して「嫌われたくない」と女性の顔をうかがったりしがちですが、逆に女性の顔をうかがわずに自分の軸を持っている人に女性は惹かれます。

 

褒めるのは女性にとって効果的ですが、本心で褒めるのか気に入って欲しいから褒めるのかでは全く違います。

 

必死な感じや媚びる感じが出てしまったら女性はあなたに魅力を感じなくなります。

 

自分の意見をしっかり伝えるのはすごく大事ですし、自分から自分の価値を落とすような男性はいつまで経ってもモテません。

 

「モテるでしょ?」と言われたら「そんなことないよ」と伝えず「バレた?笑」「やっぱり分かる?笑」と笑いに持って行ってもいいですね。

 

関係性ができていれば「ありがとう。でもいろんな人にモテるより好きな人にモテるのが大事やなって思う」と言えば結構刺さりますよ。

 

どんな時も余裕を持って女性に接したいですね。

さいごに

直接話したり電話での会話だと声のトーンやテンションで感情が伝わりやすいですが、LINEやメールだと感情が伝わりづらいですよね。

 

ただLINEでのコミュニケーションは避けては通れません。Lineでのテクニックや女性へのテクニックを学ばずに自爆している男性は本当に多いです。

 

だからこそたくさん学んで女性にモテる男性を目指しましょう。

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事