デートでドタキャンされるには3つの理由がある?傾向と対策を知ろう

気になるあの子とようやくデート。

 

ワクワクしてどこに行こうか悩みますよね。

 

でもデートが近くなってくるとめんどくさくなってきた経験ってありませんか?

 

実際にデートは決まっていたのにドタキャンされた経験はあるはず。とてもショックですよね。

 

そこで今回は「デートでドタキャンされるには3つの理由がある?傾向と対策を知ろう」についてまとめました。

 

ドタキャンされるには理由があります。その理由を知って気になるあの子とデートをしましょう!

断ることができなかった

男性としては「それなら最初からオッケーしないでくれよ…」と思いますが、日本人は誘いを断ることが苦手です。

 

男性から「〇〇行こう!」と言われて本当はそこまで乗り気じゃなく実際に時間が近づいてくると「気を使うのは嫌だな」「家でゆっくりしてた方が幸せ」と女性が思ってしまうパターン。

 

このパターンは男性が女性を強引に誘ったパターンが多いですね。

 

乗り気じゃないのに時間が経ってさらに乗り気じゃなくなるのがドタキャンのパターン。一生懸命押して誘ってもドタキャンされたりデートが盛り上がらなかったりすると意味がありません。

 

相手が「行きたい!」「楽しそう!」と思えるようなデートプランを考え女性が楽しみに思えるとドタキャンは確実に減りますよね。

あなたにあまり食い付きがない

ドタキャンをすることで下がる好感度よりドタキャンすること(後から入った予定)の方が上回ったということは、あなたに食い付きがないことが考えられます。

 

もし食い付きがあるのであれば体調が悪くても用事が入っても行こうとするはずですよね。

 

二度誘って連続で断られたら一度諦めるのも必要です。一度だけでしたらもしかすると本当に体調が悪かったり用事ができたりしたかもしれませんが二度はよっぽどのことがないとドタキャンはありません。

下心が見え見え

大人の男性によくあるのが下心が抑えきれなくなって、それが伝わるアプローチをしてくること。

 

女性は大切にされたいという気持ちを常に持っています。無下に扱われるのを心底嫌うので体目的でデートをすること自体、自分を大切にされていないことが分かりドタキャンにつながってしまいます。

 

女性に「一人暮らし?」「次の日は休み?」など夜の誘いを匂わせるような質問は避けた方がいいでしょう。

 

傾向と対策

ドタキャンされる傾向は先ほど述べた通り女性に用事があるかあなたに食い付きがないかのどちらかでしょう。

 

ドタキャン理由は人それぞれですが、あなたと女性の関係を客観的に見て判断しましょう。ドタキャン対策はアプローチ次第で回避される率は上がるので是非試して下さい。

アポは1週間までに入れる

女性は予定を入れないと安心できない生き物ですから、近くにアポを入れても「その日は空いてない」と言われることってありますよね。

 

ただアポを延ばせば延ばすほどドタキャンの確率も増えます。もし女性があなたに食い付きがあったら予定があってもその予定をキャンセルしてでも会ってくれるはずです。

 

1週間以内のアポは意識していきましょう。ただそこで「木曜日は?」「じゃあ金曜日の夜は?」などとメッセージでやりとりを続けると女性は面倒に感じますし「この人暇だな」と感じてしまいます。

 

アポを取るときは電話で取る方がスムーズでいいでしょう。女性にがっついているのを見透かされた時点でもうあなたの食い付き度は下がります。女性を追いかけるのではなく追いかけさせましょう。

 

アポまで長くなってしまったらたまに電話で連絡して「近くなったらまた連絡するわ!」でもいいですね。よくやってしまいがちなのがラインメッセージでやりとりをしすぎて実際に会った時に会話が少なくなったりラインメッセージのやりすぎで連絡が途切れたりするパターン。

 

人は完成されたものに興味は持ちません。「この人はどんな人なんだろう?」と興味を抱かせることがモテる近道とも言えます。

そもそもデートプランが甘い

女性が楽しみだと思っていればデート自体をキャンセルすることはありません。デート内容が「ご飯だけ」だったら味気ないですし、それだけを提案されても退屈そうに思われますよね。

 

その場以降は2人でノリで決める!と思っていても女性はスケジュールを埋めて安心する生き物ですからある程度こういうことをしたいということを伝えてあげることで安心感を与えてあげましょう。

 

その場ではオッケーしたものの時間が経つにつれ楽しみよりも不安が大きくなってしまうのが女性です。

 

だからこそ「水族館に行った後オススメのお店があるからそこで夜ご飯を食べよう」と具体的に伝えることドタキャンを防ぐことができます。

連絡はほどほどに取る

誘ってデートの約束ができたから安心してはいけません。デートの約束ができて初めてスタートです。誘った方は安心しているかもしれませんが誘われた方は不安に感じている場合が多いです。

 

デートまでは頻繁に続いていた連絡がデートが決まった瞬間無くなると女性は不安になります。女性との関係性を今までと変えないようにしましょう。

 

メッセージの頻度が高すぎてもめんどくさがられますし低くなってもドタキャンの可能性が高くなります。

たくさんの人と連絡を取ってみる

たくさんの人と連絡を取ることで自分が何がダメだったのかが分かります。

 

女性の性格は一通りではありませんのでいろんな女性と連絡を取ることで分かることもあります。

 

今までモテてきた男性は対応してきた女性の数が違いますからナチュラルにモテる行動を取っていますが、モテてこなかった人は経験が足りない場合が多いです。

 

モテるテクニックや方法を学ぶ前に経験があモテる1番の近道となるでしょう。

出会い系サイトを活用する

女性をその気にさせるためには経験がやはり必要です。

 

出会い系というとまず出会い付き合ったり体の関係をもったりを意識しますが、それ以前にオススメする理由は女性慣れができるということです。

 

たとえメールでも画面の向こうには女性がいて、実際に出会いにつながって何度か会うわけです。

 

こういう経験を積み重ねるうちに、いつの間にか出会い系サイトを通さなくても普通に女性とか関われるようになっていきます。

 

もちろん最終的にはサイトを使わずに女性を口説くのはもちろんですが、それまでに出会い系サイトを使っての出会いは大切です。

 

実際に女性を口説けるワンランク上の男性を目指しましょう!

 

ちなみにここだけの話ですが、風俗に通うくらいなら絶対出会い系を使った方がいいですよ!

 

多くの人がもっと早く知っておけばという意見が見られますね。

 

安全性・信頼性が最も高く現時点で1100万人が登録しているリンクがオススメです。

 

テレビでもオススメされていて出会いを求めるサイトとしてこれほど安心できるものはありません。夜のハードルも低いのがオススメです!

 

真剣な出会い以外でも
遊び目的やエッチ目的なら

 

ぴーしーまっくすリンク
ワクワクメールリンク
ハッピーメールリンク

 

女性も出会いを求めていますし、出会い系やマッチングアプリは出会いに積極的な女性しかいないので最適なツールです。もう合コンや街コンで消耗するのはやめましょう!

マッチングアプリを使う

 

多くの成功している人に共通することがあります。それは多くの女性に出会うこと。

 

多くの女性に出会えれば1人にがっつく必要もありません。

 

「まぁこの人とうまくいかなくても別に」という心の余裕がモテを生むのです。

 

そこでオススメはマッチングアプリで、素敵な出会いを広げるための最も最適なツールです。またアプリによって目的やユーザーの層も違うのでいくつかのアプリやサイトに登録することをオススメします。

 

□総合力No. 1の真剣な恋人探しにオススメなペアーズ リンク
□人気急上昇中の無料いいねが多くて使いやすいwithリンク
□オミアイリンク

 

あなたの目的にあったアプリを使ってください。

 

アプリによって攻略法は少し変わってきますが、画面の向こう側は一人の女性ということは一緒。私もはじめは1つにしか登録していませんでしたが、たくさん登録することでマッチ数も増え、やっとモテマインドというのが分かってきました。

 

また先ほども述べましたがアプリだけでなく、有名出会い系サイトもおすすめです。

 

□ぴーしーまっくすりんく
□わくわくメール

 

この2つも昔からあり、pcマックスは1日4000人登録されているほど有名です。出会いを増やすことであなたの見える景色がガラッと変わりますよ!

最後に

せっかくのデートをドタキャンされないために楽しいと思わせるデートプランを爽やかに伝えましょう。そして悲しいことに楽しいデートプランを考えてもドタキャンするのが女という生き物です。

 

ドタキャンを無くすことは難しいですが魅力を身につけて女性に会いたいと思わせることが1番のおすすめです。

 

こちらに女性にモテるテクニックもまとめたので是非どうぞ!ドタキャンされないような魅力的な男性を目指しましょう!

 

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?

おすすめの記事