恋愛の美学

第1章 はじめに

こんにちは。チャイです。

 

恋愛の美学をご覧いただきありがとうございます。

 

恋愛の美学では、答えが無い恋愛をどう攻略していくべきなのかについて詳しく紐解いていきます。

 

-----恋愛の美学へようこそ-----

 

「恋愛が上手くいかない」

「女の扱い方が分からない」

「可愛い子と付き合いたい」

 

ほとんどの男性が女にモテたいという強い願望があります。ただ女にモテる男は限りなく少ないです。

 

「なぜモテないのか?」

「どうすればモテるのか?」

 

そんな葛藤を僕自身常に抱いていました。

 

追いかけても逃げていく女性に対して、やり場の無い悔しさや自分自身への情けなさを感じたことがあるのは僕だけではないはずです。

 

ただ今になって分かったことがあります。

 

それは多くの男性が女性に対して間違ったアプローチをしているということです。

 

恋愛に限ったことではありませんが、どれだけ努力をしても努力の方向性が間違っていれば、いつまで経ってもモテることはありません。

 

今では知りたいことをすぐに知れる便利な時代になりました。しかし逆に情報が溢れ過ぎていて正しい情報を受け取るのが難しくなっています。

 

「誠実な男がモテる」

「優しい男がモテる」

 

よく耳にする言葉ですが、この情報が本当だったら、世の中のほとんどの男性はモテています。

 

誠実で優しいのに全くモテないと悩んでいる人の方が圧倒的に多いですよね。

 

そして今回は非モテをどうすれば克服できるのかについてお伝えしたいと思います。

 

正しい方向性を知って正しい努力をすれば、女性にモテる未来もそう遠くありません。

 

このLINE@を通してモテるノウハウやテクニックを惜しみなくお伝えし、少しでもあなたのモテる人生に携われたら幸いです。

 

そしてここで関われたのも何かの縁だと思います。

 

これからもよろしくお願いします。

チャイ

 

 

 

 

 

 

第2章 9割の非モテ

「自分はモテない」と思っているかもしれませんが、日本人男性の実に9割は非モテです。

 

女性に求められる男性はたった1割しかいません。

 

ここで僕が何を言いたいかというと今すぐあなたには、1割の男になるための正しい努力をして欲しいということです。

 

ただここで多くの人は躓きます。

 

正しい努力とは何か?

 

努力の方向性が分からず、最初の一歩を踏み出せないという人が少なくありません。

 

まずモテるためには、間違った優しさを排除しなければいけません。

 

非モテ男性は、女性のためにやっている優しさが実は迷惑であることが非常に多いです。

 

次の文章を見てみましょう。

 

「いつ空いてる?いつでも空いてるから合わせるよ!」

 

こういう男性は多いですが、非常にダメな例です。

 

いつ空いてる?→聞くな。指定しろ。

いつでも空いてる→女は忙しい男に価値を感じる

合わせるよ→下手に出る非モテ感

 

直せるところって意外と多いです。女性のことを思うなら自分の軸を持たなければいけません。

 

なぜならば女性は男性よりも優柔不断で自分の軸が無いからです。

 

実際にどこにでもいる優しい真面目な男より、女性を振り回すくらい自信に溢れた男の方が確実にモテます。

 

9割の男性が女性の顔色を伺ったり、女性に合わせたりしているのです。

 

アポの時や打診の時に『良かったら~』を使ってないですか?

 

・良かったらご飯行こ

・良かったらLINE教えて

・良かったら電話したいな

 

これって弱々しくないですか?

 

・ご飯行こ

LINE教えて

・てか電話しよ

 

いつの間にか格下扱いされてるのは、あなたの何気ない言葉遣いにあるのかもしれません。

 

相手に意見を合わせる男よりも、自分の意見で相手を多少強引に引き込む方が魅力的に映ります。

 

男らしさや頼り甲斐を感じさせない男性は、一生非モテのままで終わってしまうのです。

 

また非モテ戦略では、オラオラ系やクズ男のように女性を雑に扱えという風潮もあります。

 

実際にオラオラ系やクズ男は女性を雑に扱うことで主導権を握って、女性にモテているいるので一理あるのかもしれません。

 

もちろん非モテの人がオラつくことで下に見られないための戦略はあります。ただオラオラ系やクズ男になる必要は全くありません。

 

女性を魅了できる軸を自分の中で作り、女性を楽しませるテクニックを落とし込めば、女性を惚れさせることはできるのです。

 

僕はあなたにさりげない気遣いや素敵な褒めができる、大人の余裕を持ったモテる男を目指して欲しいと心から思っています。

 

女性は物ではなく人です。

 

モテるテクニックやノウハウを学んで実行すれば、確実に目の前の女性の反応は良くなります。

 

もちろん一瞬でとは言いませんが、学べば学ぶほどモテるようになっていくのです。

 

女遊びを楽しんでも女性を大切にする心は失ってほしくはないなと思います。

 

自分の軸を持って女性を楽しませるテクニックを習得すれば、自ずと女性との距離は近づくのです。

 

今から少しだけ女性にモテるために意識しておきたいことをお伝えします。

 

まずは女性と会話中に無言になっても焦って間を埋めようとしないで下さい。

 

なぜなら女性は男の焦りを一瞬で判断するからです。

 

逆にモテる男は落ち着きがあり、無言の時間でさえも楽しむことができます。

 

女性は男性の振る舞いから居心地を感じ、無意識にモテる男だと認識するのです。

 

無言の時間の振る舞い方にモテと非モテの差が生まれます。間が空いても焦ってはいけません。モテる男と同じように間を楽しめる男になりましょう。

 

そしてモテるためには、女性に1秒でも早く異性として意識させることが大切です。

 

また自然にボディタッチをしたり口説いたりしないと「ただの良い人」になってしまいます。女として見てることをすぐに伝えられないことが、モテと非モテの大きな差です。

 

「良い人は恋愛市場においてボランティア」

 

女性は恋をするまでは減点方式で男を評価するので、一回でも友達フォルダに入ってしまえば異性として見られることはありません。

 

女性は驚くほどに冷酷です。

 

自分より格上には尻尾を振りますが、自分より下だと感じた瞬間に唾を吐きます。

 

常に女性に魅力を感じさせられればいいですが、あらゆる場面で減点されて異性として見られなくなることの方が多いです。

 

どうすれば女性を加点方式にすることができるのでしょうか?

 

それはまずセックスをしてしまうことです。

 

女性は好きな男とセックスするのではなく、セックスした男を好きになります。

 

 

期間限定で4980円の有料noteを無料プレゼント!

今まで有料だった

禁断のモテるノウハウを無料で大公開

今までモテなかった人生を

大逆転してみませんか?